menu

インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)の魅力

インドの聖地。始まりと終わりと言われる街、「バラナシ(ヴァラナシ/ワラナシ))」

デリーで会ったOm君と再会の約束をした地です。
実は彼に電車代を貸したと言うこともあり、まぁそんな理由もあり着てみました。

バラナシ、ヴァラナシ、インド
バラナシ、ヴァラナシ、インド
バラナシ、ヴァラナシ、インド
バラナシ、ヴァラナシ、インド
バラナシ、ヴァラナシ、インド
バラナシ、ヴァラナシ、インド
何て神秘的な場所なのでしょう。
空気が若干違う感じがします。それはあくまでも体感的な物であり、もしかしたら単に錯覚しているだけかもしれません。
是非、インドに着た際には訪れて欲しい地域です。

ここには頭のモヤモヤを解消することも目的で約2週間滞在しました。
本当はもっと早く抜けようと思ったのですが、10日後にちょうど年に一度の最も大きなお祭りがあると言うことで、それは町中を火で灯すとても神秘的な瞬間に立ち会えると聞いたためです。

なお、このガンジス川沿い、実はお酒飲めません。
飲むと捕まります。法律で禁止されているのです。

ですから、お酒を買うにもちょっと離れたところへ。
夜はOmと彼の兄Bantyと酒を酌み交わしていましたが、ここでインドに着て最もびっくりすることを知りました。

兄弟・家族で一緒に酒を飲めない!

ですから、お兄ちゃんと飲んでいる間は、弟は別室へ。弟と飲むときは兄から離れて。かなり面倒くさい文化ですね。

ご飯は、基本的に彼の家族に招待されて彼の家でいつもご飯を食べていました。
これが又びっくりするぐらい美味しいのです。
インドのカレーってソースが色々あるのですが、こんなまったりでも味がしっかり入ったソースは初めてでした。

さて、バラナシ滞在中は日中はいつも日本人オーナーが経営するカフェ「Ibaカフェ」にいました。ここはなんと、インドで初めて見つけたフリーWIFIの入る店。

中国の途中からブログが止まった最大の理由でもあるWIFIがとうとう見つかりました。まずはバンガロールから止まっていたWindowsアップデートをせこせこと。
続いてウィルスデータを更新してスキャンスキャン♪

せっかくWIFIが入るので、大変世話になったこの家族のために、ホテルのホームページを作ることにしました。
全て無料のサーバー、ドメインにワードプレスを突っ込んでちょこちょこと。
出来上がりはこれ。

「ヴィシュヌゲストハウス/ロードヴィシュヌゲストハウス」
こちらは案内動画(omと撮ってみました。)


このホテルは、バラナシでも古くからあり、地球の歩き方やロンリープラネットにも載っています。(最新刊には確かない。)
あの、長澤まさみちゃんが映画の撮影で泊まったりもしたそうですね。

バラナシの2週間は家族の大切さを思い出させると共に、北インド人の優しさに触れる時間でもありました。

※このちょうど翌週頃に、バラナシで爆弾テロがありました。
安否確認をした結果、皆無事とのことです。
インドにいる以上、こういった問題はまだまだ消えることはありません。

インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)への誘い

デリー FC KICKERSデリーの日本人会サッカー部「FC KICKERS」

関連記事

  1. シャルマ バンガロール

    MBA流就職活動方法

    北インド人の親友の1人シャルマがとうとう仕事を見つけました。彼の仕事は大手銀行の人事。主に採用担…

  2. デリーCITYWALK

    インド富裕層エリアが集まるモール

    デリー郊外にあるショッピングモールCITYWALKに行ってきました。デリーというよりは中間富裕層…

  3. バンガロールでの英語学習生活1

    バンガロールには約2ヶ月いました。英語学校での生活は正直大変でした。まず、英語として聞こ…

  4. デリーでの生活は食あたり、風邪、汚い部屋でノックアウト

    デリーでの生活は本当に過酷の一言でした。風邪、下痢、頭痛・・・。部屋が汚いこともあり(3…

  5. バンガロールでの英語学習2 プライベートティーチャー

    プライベートレッスンの先生は期間中2人にお世話になりました。スダ先生は、インド訛りの英語を話…

  6. バンガロール 土屋さんと

    バンガロールのMBAスクールに通う土屋玄洋さんにお会いしました

    今回ご紹介頂いたのは、こちらでMBAスクールに通いながら、会社設立を準備中という 土屋玄洋さん。…

  7. 帰る場所

    11月初から12月初頃まで非常に「頭がよその世界に行ってしまうような生活」を送っていました。…

  8. バンガロールのルームメートとその暮らし

    バンガロールの生活はtwitterによく書いていたのですが、8人部屋のPG(ペイメントゲストハウス)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP