menu

バンガロールでの英語学習3 バイブルと呼ばれる学習書「thesaurus」

プライベートレッスンの先生でもう1人お世話になったのは、ビジネスコンサルタントでもあるサンディープ先生。

期間こそ短かったですが、彼には面白い考え方と「バイブル」と呼ばれる物を頂きました。

熱血サンディープ先生。
話し始めて30分。私の英語力を教えてくれました。

君は話すことは問題ない。聞き取りもそんなに問題ない。
「ボキャブラリー」を増やす必要がある。
そのためには、君にはこの、「バイブル」が必要だ!

といって渡してくれたのは「テサラサス(thesaurus)」。
要するに類語辞典です。
こんな辞書があること自体、実は初めて知りました。

期間中、私は全ての単語はこのテサラサスを引いて調べていたのです。
例えば、

こんな感じです。
この辞書めっちゃ便利です。ただ旅には持って行けませんが。

サンディープがもう一つ話していて興味深かったこと。それは、インド人が何故どこの世界でも適応することが出来るのかと言うことでした。

インドといえば、ご存じない方の方が多いと思いますが、その州、さらには地域ごとに文化や「言語」が異なります。
ですから、その土地で生まれたときから既にいくつかの文化や言語に触れ合うことになるのです。更に公用語の英語やヒンディー語。
サンディープ自身も5つのインドのローカル言語と3つの外国言語を使用します。

彼は言います。
インド人には生まれたときからいくつかのチャンネルが入っている。
それは、その時々に使い分けることが出来る。
英語のチャンネル、何々地方の言語のチャンネルなど。切り替えるだけだからごっちゃになることもないし、困惑することもない。

彼は私に既にチャンネルは出来ているからそのチャンネルに焦点を当てられるような学習をしなさいと言いました。
つまり、日本語など一切触れないで、英語のチャンネルだけを常にキープして、確実な物にしろと。後は、勝手に追加されていくといいます。

インド人がどこの国にでも適応していける理由は、何も英語が話せるということではなく、こういった背景もあるのかもしれませんね。

バンガロールでの英語学習2 プライベートティーチャー

バンガロール 土屋さんとバンガロールのMBAスクールに通う土屋玄洋さんにお会いしました

関連記事

  1. シャルマ バンガロール

    MBA流就職活動方法

    北インド人の親友の1人シャルマがとうとう仕事を見つけました。彼の仕事は大手銀行の人事。主に採用担…

  2. バンガロール 友達の作り方

    バンガロール最後の夜

    バンガロールでは主にルームメート達ととても強い繋がりを持つことが出来ました。異国の地で生活す…

  3. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

    中国・インドを股にかけて活躍するマーケティング会社「InfoBr…

    バンガロールにいた頃から度々twitterにてやりとりをさせていただいた方がいらっしゃいます。イ…

  4. 世界にタックルと再会

    タイでお会いした世界にタックルの19歳バックパッカー小出君と再会しました。彼はバングラディッシュ…

  5. 帰る場所

    11月初から12月初頃まで非常に「頭がよその世界に行ってしまうような生活」を送っていました。…

  6. タージマハルホテルの佐藤さんとビジネスバックパッカー

    夢は支配人!タージマハルホテルで働く佐藤さん

    今回お会いさせていただいた方は、タージマハルホテルの佐藤誠さん。こちらでインターンをされてい…

  7. インドの結婚式

    インドの上位中間層の結婚式に参加

    インフォブリッジの繁田さんのご厚意もあり、翌日インド人の結婚式に参加させて頂くことになりました。…

  8. インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)への誘い

    デリーで1人の青年に声を掛けられました。普通なら無視か愛想笑いでスルーするのですが、彼の目を見た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP