menu

バンガロールのMBAスクールに通う土屋玄洋さんにお会いしました

今回ご紹介頂いたのは、こちらでMBAスクールに通いながら、会社設立を準備中という 土屋玄洋さん。
バンガロール 土屋さんと

ご紹介ルートが非常に興味深いです。
私がtwitterで環境ビジネスに関心があると書いたところ、環経政という環境ビジネス団体の方から、ちょうどインドに環境の視察に何社か来ていると伺いました。
実際にお会いすることは出来ませんでしたが、その一つの会社の息子さんがちょうどこちらで学校に通っているとご連絡頂いたことから始まります。

バンガロールでの生活は、完全にインド人オンリーの生活を送っていましたので、久しぶりの日本人の方とお会いするのは(日本語が話せることは)とても楽しみでお会いしてきました。

アメリカで大学を卒業後、バンガロールにある旅行会社で2年働いた後、現在MBAの学校に通っているとのことでした。

インドを選んだ理由は今後経済の発展が期待できるBRICSを狙ってとのこと。
中国には既にお兄さんがいらっしゃるようです。

MBAに通っている理由も又、興味深く、もちろんビジネス学を学ぶためでもありますが、それ以上に、これから活躍して行くであろう、若い人材達とより深い交流を持つことが目的だと言うことです。

これは現地で生きていく上でとても効率的ですよね。

今後躍進がめざましいインド。
その中で日本人の若者がその成長の中で頑張っていく姿は、とても刺激的な印象でした。

バンガロールでの英語学習3 バイブルと呼ばれる学習書「thesaurus」

シャルマ バンガロールMBA流就職活動方法

関連記事

  1. 世界にタックルと再会

    タイでお会いした世界にタックルの19歳バックパッカー小出君と再会しました。彼はバングラディッシュ…

  2. インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)への誘い

    デリーで1人の青年に声を掛けられました。普通なら無視か愛想笑いでスルーするのですが、彼の目を見た…

  3. デリー FC KICKERS

    デリーの日本人会サッカー部「FC KICKERS」

    こちらでインターンシップをされている飯田さんのご紹介で、デリー日本人会にあるサッカー部「FC KIC…

  4. 古町鳳凰にてモンゴル青年海外協力隊と出会う

    ここは鳳凰という場所です。恐らく殆どの方がご存じないのではないでしょうか。湖南省…

  5. デリーでの生活は食あたり、風邪、汚い部屋でノックアウト

    デリーでの生活は本当に過酷の一言でした。風邪、下痢、頭痛・・・。部屋が汚いこともあり(3…

  6. バンガロールでの英語学習生活1

    バンガロールには約2ヶ月いました。英語学校での生活は正直大変でした。まず、英語として聞こ…

  7. デリーCITYWALK

    インド富裕層エリアが集まるモール

    デリー郊外にあるショッピングモールCITYWALKに行ってきました。デリーというよりは中間富裕層…

  8. バンガロールでの英語学習3 バイブルと呼ばれる学習書「thesa…

    プライベートレッスンの先生でもう1人お世話になったのは、ビジネスコンサルタントでもあるサンディープ先…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP