menu

MBA流就職活動方法

北インド人の親友の1人シャルマがとうとう仕事を見つけました。
彼の仕事は大手銀行の人事。主に採用担当を行うことになるようです。

シャルマ バンガロール

彼は、一番最初のルームメートでもあります。
そのときからずっと片手にはMBAの本と履歴書。

バンガロールでパートタイムの仕事をしながら、MBAの学校に通っていました。
先月ようやくMBAの資格も取得し、この1ヶ月ずっと仕事を探していたのです。

彼が合格したことは自分の事のように嬉しかったです。

さて、彼が合格に至った理由を聞いてみました。
なぜなら、私の英語学校はみんな就職先を探している子達がいるので何か参考になることは無いかと思ったからです。

彼の答えは至極簡単で、「MBAの教え通りにやった。」
とのこと。

ということで、ちょっと資料を拝借して、噂の面接攻略法(面接の達人?)を読んでみました。

機密資料なので、ここには書けませんが、この資料がかなり面白い。
彼の仕事、人事担当になるための面接の受け答えの方法が全部そこに書いてあるのです。
面接官が質問する内容、その意図、模範解答等、何十パターンにも及ぶ内容が記載されていました。

もちろん、御社の志望動機についても、その会社でなければならない理由などきちんと記載されています。

面接の達人もびっくりなこの攻略マニュアル。
外国の企業に入りたい人は、一度MBAに通ってみるのも良いかもしれませんね汗

バンガロール 土屋さんとバンガロールのMBAスクールに通う土屋玄洋さんにお会いしました

バンガロール 友達の作り方バンガロール最後の夜

関連記事

  1. バラナシ、ヴァラナシ、インド

    インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)の魅力

    インドの聖地。始まりと終わりと言われる街、「バラナシ(ヴァラナシ/ワラナシ))」デリーで会っ…

  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー

    インドの夜会 出会いに感謝!

    インドもVISAが切れようとしてきました。まもなく出国の準備をしていく必要があります。さ…

  3. バンガロールでの英語学習3 バイブルと呼ばれる学習書「thesa…

    プライベートレッスンの先生でもう1人お世話になったのは、ビジネスコンサルタントでもあるサンディープ先…

  4. 帰る場所

    11月初から12月初頃まで非常に「頭がよその世界に行ってしまうような生活」を送っていました。…

  5. バンガロールでの英語学習2 プライベートティーチャー

    プライベートレッスンの先生は期間中2人にお世話になりました。スダ先生は、インド訛りの英語を話…

  6. インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)への誘い

    デリーで1人の青年に声を掛けられました。普通なら無視か愛想笑いでスルーするのですが、彼の目を見た…

  7. バンガロールでの英語学習生活1

    バンガロールには約2ヶ月いました。英語学校での生活は正直大変でした。まず、英語として聞こ…

  8. 世界にタックルと再会

    タイでお会いした世界にタックルの19歳バックパッカー小出君と再会しました。彼はバングラディッシュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP