menu

2020年発展途上脱出を目指すカンボジアの現状

カンボジアは首都プノンペンに足を延ばしてみた。

ベトナムでのVISAが切れると言うこともあり、少しばかりの滞在だ。

プノンペンに行ったのは6年前。バックパッカーとして。
今回はこちらで働く方とお会いする時間は無かったが、バイクをかりて、発展具合を見渡してきた。

セントラルマーケット周辺は過去と変わらぬ雑多な感じであったが、一歩道を外れると、そこはタイに近いイメージで建物の発展具合が見て取れる。

経済特別区(PPSEZ)も既に完成しており誘致された企業の操業が進んでいる。日系なら味の素やヤマハなどがそれに当たる。
プノンペン経済特別区 プロジェクトレポート

いくつか街の動画を撮っておいたので公開しておきますが、直近でできあがりそうなのは、ゴールドタワーでしょうか。
韓国企業が建設中。

完成予定(きらきら!)

現状


(3:40辺り)

川沿いは、外資系のカフェと外国人滞在者のアパート、ホテルが建ち並ぶ。
川沿いの歩道が綺麗で地元民達の憩いの場ともなっている。

川を挟んでアイランドがあるのがこちらのDiamond Island PJ。開発こそ進み始めているがこっちはまだまだ数年の時間を要しそう。
完成予定

商業ビルなども建設ラッシュのようであるがいずれも、まだまだ時間がかかりそうである。が、もし予定通り進むのであれば、政府の掲げる2020年迄には発展途上脱出も現実になりそうな状況。

人口ピラミッドは、クメールルージュの負の遺産でもある大量虐殺により、働き手の30代前半がごっそりと抜ける。カンボジア人主体でのビジネス展開も少なく、多くは華僑によるものであり、そこへベトナム、韓国がどんどん入ってきている。

物はタイから、技術者はベトナムから、経済は華僑に押さえられている国カンボジア。
インドネシアの中華系への暴動などが、いずれ起きる可能性も少し残る。
(現地人と話せば、やはり本音は悔しいの一言に尽きる模様。)

内需を狙っての商売であれば、ここはまだ種の時期だと言えるのではないでしょうか。

追記
ベトナムより車が多かったです。バイクは殆どホンダ。
まだ台湾メーカーSYM等は入ってきていない模様。

現地の方とのtwitterより
・光ケーブルは入っているようです。
・地方には住所がない場所もあり
・戸籍もまだない人多し(内乱時に無くなったため政府はまとめているようですが)

7月より中国に入ります。

googlemapを利用して旅のルート作成

関連記事

  1. タイ人とカンボジア人の交流と歴史問題

    カンボジアには、タイ人の学生といってきました。ホリデーなんですよね。ご存知の方が少ないと思い…

  2. 今日からカンボジアに入ります。

    インドネシアに入る前に少しだけカンボジアによってから行きます。久しぶりの陸路移動です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP