menu

ドバイでお金をなくした場合に生きる1つの方法

ドバイに着きました。ところが、ところが、ところが~~~!!

空港のATMでVISAカードが食べられてしまいました。
食べられったって?
そうです。ATMのシステムエラーによりそのまま取り込まれてしまいました。
係員さんにも助けてもらってシステム再起動をしてみましたが、

「Welocome! Please insert your card」

あなたのカードを入れてって、私のカードはどこへ!!?
唯一現金の引き落とせるクレジットカードとはここでおさらばです。

幸いにもシティバンクのカードに1500円ほどありましたので、空港を出て簡単な食事をし、ドバイと言えばのブルジュドバイを見に行くことに。

カメラでは綺麗にとれなかったので、ちょっとWIKIより拝借。

昔テレビやネットでみたときは工事中でしたが、昨年完成したようです。
施工業者は韓国。日本の企業はコンペで負けたようですね。

さて、気を取り直して宿を探そうと思いましたが、11時、既にメトロは終わっておりました。
途方に暮れた私・・・。

お金ない・・・。

SIMがないから電話も出来ない・・・。

・・・。

やっぱり、あれ・・・?

だよね・・・あれしかないよね・・・。

ブランケットも持ってるし・・・。

「いざ!野宿場所探しへ!!」

そして見つけた場所がここ。
ドバイの野宿ポイント
ちょうど駅沿いなのですが、開発地区のため、何もない。
ここは、看板の下のちょっとくぼんだ場所。
ドバイ野宿ポイント

下は砂漠っぽい砂地です。夜は冷たいのです。
風は海風でブランケットの隙間から容赦なく入ってきます。
ドバイの地でカタツムリ状態で寝る男。
後ろにブルジュドバイが見えるのがなんともシュールですね。
ドバイ野宿ポイント

翌日、シティバンクの方に入金をしたため無事にお金の心配はなくなりましたが、本当に良い経験?をさせてもらいました。
朝起きてネットを確認すると、twitterに緊急連絡先の入ったドバイ在住の方からのメッセージ。
野宿のおかげでまた1人こちらの人脈が出来ました笑

※なお、ドバイでは野宿をしている人はいません。みつかると本当に捕まる可能性があるのでご注意ください。

インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカーインドの夜会 出会いに感謝!

コメント

    • ガっチャン
    • 2011年 1月 12日

    それはそれは大変でしたね☆

    遅れなせながらお誕生日おめでとうございます!

    mixiは携帯で見ているのでなかなかコメントできませんが、
    いつも楽しませて頂いています(*´∀`*)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP