menu

スーパーカーに乗りたくて公務員からラーメン屋に転じた男

横浜の外人墓地の近くを子供と歩いていたとき、フェラーリが横を通り過ぎていった。
そして、彼の人生は、そのフェラーリを見たときから全てが変わった。


dscn1180

今回ご取材させていただいたのは、元公務員を経験後ラーメン屋を開いたNさん、56歳。
現在は、ラーメン屋を息子に渡し、自身は経済的自由人としてバリに住んでいる。

キーワードは、「矢沢栄吉」と「フェラーリ」
dscn1145

このキーワードにピンと来た人には、是非この後出す記事は読んでもらいたい。

彼が紹介された車雑誌を見て、感動して彼のような経済自由人になったものは、何人もいる。
それだけ、彼の人生の中での決断と行動は、勇気を与えるものだった。
dscn1184

ストーリーの序章だけ触れておく。

 残ったものは家はないが4000万円の家のローンと、セリカと子供。仕事の間は子供を車の中に乗せ1時間ごとに面倒を見るために席を外した。見かねた仲間が保育所を紹介してくれた。給料前になれば手元には1000円しかない。そんな彼の懐事情を知ってか知らずか、幼い息子は、給料日前に行ったデニーズで、一番安い日替わりランチを注文する。「ステーキを食えよ」という父親に、「これが好きだからいいの」という気遣いをされれば、いやおう無しに目頭がにじむ。そんなビンボーという言葉が相応しい生活だった男の運命を変えたのが、あの車だった。

 ある日、横浜の外人墓地の近くを子供と歩いていたとき、一台の真っ赤なフェラーリが横を通り過ぎていった。速過ぎれば彼の人生は変わらなかっただろう。ところが
、その車はゆっくりとゆっくりと彼らの横を通り過ぎていった。 彼が運転席を覗いて驚いたこと、それは、運転手が「日本人」だったということだった。

「いつか俺もフェラーリに乗るぞ!」 

 彼の決心の支えになったもの、それこそがあの「栄ちゃん」こと矢沢栄吉だった。「俺は天才だ、何でもできる!」この言葉を胸に気がついたときには、公務員を辞めていた。時は、まさにバブル崩壊。100人に聞いたら100人が公務員を辞めることを反対する、そんな時代だった。

   :

取材後彼は言います。
ランボルギーニイオタの元所有者さん

「夢をどんどん描けば、考えれば夢は実現する。」

 世界に三台しかない(現存公道を走れるのは一台)のランボルギーニのミウラ「イオタ」をバリ来る前まで所有し、鈴木亜、フェラーリ社長などとも親交を持つまでになった男のサクセスストーリー、今回の記事は20000文字レベルで挑戦します。

皆さんの力が私の世界一周を後押ししています!!是非とも応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

世界の医療ネットワークを管理するSOS社

ブログ「世界×人脈×旅~世界人脈掛算紀行」再開

関連記事

  1. BBP流ジャカルタ・ラブワゴン

    昨日は朝から引きこもってWEBのレイアウトを変えていました。貧乏人は自分で変えるしかないんですよ…

  2. インドネシアはジャカルタに着きました

    深夜、着きまして、なんとか友人にピックアップしてもらいました。まぁとにかく3年ぶりでほとんど…

  3. 海外に出ている日本人が思うことと、インドネシアのアパートメント

    今、ジャカルタの大型ショッピングモールに来ています。(TAMAN ABGGREK)というのは、フ…

  4. バリの男は日本人女性が大好き!?

    時間があったので目の前のクタビーチでのんびりしていました。すると、横に男性が一人やってきて、…

  5. 自己紹介

    始めまして、ビジネスバックパッカー管理人のヒデこと大原です。このサイトでは、世界中にいる日本…

  6. angel and demon(天使と悪魔)を見てきました

    少し話は戻りますが、出発前にタイで見てきました。日本の上映日とほぼ同じですね。実際はタイ語の…

  7. 【雑談】バレンタインデーと引越し

    昨日は、日本一高い横浜のランドマークタワーで彼女と食事へ。連れて行ってもらう形だったので、び…

  8. 希望の車いすにビジネスバックパッかーが紹介されました!

    日本からボランティアで持っていった車椅子ですが、こちらにご掲載いただきました!http://…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP