menu

バリ、そこは同じ国でも宗教が違う不思議な町

本日は、藤田さんと奥様とご一緒させていただき、世界でも一番美味しいと地元で評判の水餃子屋168に行ってきました。
168 バリ 餃子
はっきり言いまして、超うんま~い♪♪
(NORIの好物はスパゲッティと餃子とかにクリームコロッケ)

汁が・・・口の中で、ンゥジュゥワ~ッと、とろけ落ちます。
サイドオーダーのゲソのから揚げがこれまた美味しかったです。

帰りに、スーパーパパイヤの社員T氏にお会いした後、スパに行って帰宅しました。
バリ スパ
バリ島初日はそのような流れです。
dscn0897

さて、周りを見ていて感じたことですが、それは・・・これ。

バリヒンズー教 チャナン
これ一体なんだろう? と思って聞いてみたところ、チャナン(お供え物)だとのこと。
(ちなみに左端のクッキーは落ちていたのではなく、犬が食べるためのおやつとのこと。)

ところが、同じインドネシアのジャカルタでは見たことがなく、バリ特有ですかとの質問に返ってきた言葉が、

「ヒンズー教の文化です」

とのお言葉。 そのときは、「??」だったのですが、帰ってから歴史を見てみてようやくわかりました。
このあたり参照(もちろん全てが本当かはわかりかねますが。)

ヒンズー教は世界最古の宗教で、紀元前2500年―3000年にインドで生まれ、伝説によると紀元4世紀ごろ高僧レシー、アガスチア ピタセガラによってインドネシアに伝わったと言われています。
 インドネシアで、最初の王国は1世紀ごろのクタイ王朝と言われるが7世紀ごろまでははっきりしていない、カリマンタンではヒンズー王国のスリウィジャヤ王国が、ジャワには仏教を信仰するシャイレンドラ王朝が支配し、今日でも世界最大の仏教遺跡ととして、世界から観光客が訪れているボロブドゥール寺院を完成させた。

 その後、インドネシアの歴史上最も栄光の時代であったとされる、マジャパヒト王朝が滅亡した後、アラブから多くのイスラム教徒が商売と布教をかねてやって来て、イスラムは神の前では全ての人は平等であり、ヒンズー教のようなカースト制度は無いと説いた為、多くのインドネシアの人々はヒンズー教からイスラム教に改宗した。
 しかし、自分はイスラム教徒にはなりたくないと思った人々が新天地をもとめ、隣のバリ島に渡ってきた。
(引用:バリヒンズー教)

というわけですから、元々インドネシアは、仏教、ヒンズー教の国だったようです。
歴史をみたからといっても、異なる2大宗教があるというのは、驚きですね。

インドネシアの宗教構成で85%以上がイスラム教と聞きましたが、バリ単体では80%近くがヒンズー教だとも聞きます。
ですからいたるところに先ほどのチャナンがおいてありました。
ちなみに上の写真は、HONDAの玄関先においてあったものなのです。

他にも年に一回、ニョピ(カサ歴の新年)があり、一切の活動を禁じられるなどといった日があるようです。
外国人はホテルかよその国に行くようです。(タイのソンクランも近いものがありますよね

ニョピ当日

悪霊が去るのを瞑想して待つ日です。
人々はいかなる活動もしてはならず、一切の外出も禁じられています。
一年に一度、この日だけはバリ島全島が静寂に包まれます。

※外国人観光客に対しても、ニョピは適用となります。ホテルからの外出は一切出来ません。
※オプショナルツアーについては、全て中止となります。
※ホテル内施設(レストラン、スパ等)に関しては、基本的にはオープンしておりますが、一部クローズになる場合もございますので、事前にご確認下さい。
陸・海・空、全てのルートから、バリ島へ入る事が不可能となります。
この日のホテルへのチェックイン・アウトは出来ません
(引用:トラベル.JP)

インドネシアの歴史は、非常に興味深いですね。参考になりそうなサイトがありましたので転図しておきます。

(引用:インドネシアの歴史より

・現在お会いする予定の方はこちら
《バリ》
シーカヤックで海を渡るグレートシーマンプロジェクト 八幡氏
・上記プロジェクトに協賛しているマゼランリゾーツ代表の朽木氏
バリで不動産を始めとしたPT.JAPAN ORIC NIRWANA BALI代表の八重氏
輸送代行業を経営する傍ら居酒屋「上野」をバリで開いている上野氏
・スーパーpapayaを始め、インドネシアでモスバーガー、ダイソーをフランチャイズ展開する会社MASUYA社員でバリでご活躍のT氏
そして、ステイ先でもあり、株式会社ロッキー会長の藤田氏

《ジャカルタ 6/11-16を予定》
・スーパーpapayaを始め、インドネシアでモスバーガー、ダイソーをフランチャイズ展開する会社MASUYA代表市原氏
・日本人会バレーボール部の皆様

《シンガポール 6/16-27を予定》
・ブログ「世界級ライフスタイルのつくり方」の作者様
・P&Gでご活躍のY氏
・競走馬の仕事をされているK氏
・8ヶ国語を操る国際弁護士のマレーシア人の方(予定)
(・現在、アジアで成功した味千ラーメンの代表の方のアポに向けてコンタクト開始予定。どうしてもお会いしたいです。)
(・現在、西野薬局の西野氏にコンタクト開始予定。当旅を思いついたきっかけでもありどうしてもお会いしたいです。)

どなたか、ご紹介・お会いさせてくださる方がいらっしゃいましたらご連絡いただければとても嬉しいです。
ということで、今後もますます広がっていきますように。

是非とも応援の程よろしくお願いいたします! 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

WEBアルバムは現在700枚になりました。

バリ日本人会英語クラブは爆笑主婦の会&メンターから気づいたこと

関連記事

  1. 時代の変化をまたいでバリへ。カルチャースクール「Anggun」の…

    インドネシアはバリにあるカルチャースクール「Anggun」のSachiko氏を取材してきました。…

  2. 【記事第四弾】16歳から仕事開始!6言語を操る男の波乱万丈記 上…

    先日ご取材させていただいた上野さんの記事をアップしました!!PCソフトのライセンス販…

  3. 【雑談】名古屋の出会いは熱かった!

    結婚式の関係で名古屋に帰省しておりました。昨日は一日中、おかんに付き添って親孝行。親不孝もの…

  4. ビジネスバックパッカーが検索順位1位!

    あくまでも、他にない言葉を選んだからですが、やはり、人に紹介される際に自分のサイトが上位に表示されて…

  5. 来週からはインド(←延期)でなくインドネシアに行きます!

    すみません、インドはVISAが取れませんでした。申請から一週間かかるということを落としておりまし…

  6. 世界の医療ネットワークを管理するSOS社

    なるほど、そういう仕事があったんだと知ったのが、昨夜ご一緒したSOSのMさん。ただ私が知…

  7. 日本への退路なし!50代、元塾長&元不動産経営者バリへの挑戦!

    昨日お会いしてきたのは、不動産会社J-ORICのオーガナイザー的存在の八重氏。先に触れておく…

  8. お金がなくても生活はできる・・・『暮らし』があるという事実~グレ…

     今日取材させていただいた方は、一つの価値観を又変えてくれました。 お金が通用する世界につい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP