menu

中国に来て感じることと改めて感じるASIANの概念

なかなかネットに繋がらず繋がれば出会った人たちに連れて行かれる充実した時間を過ごしています。

シンセン、広州に板間も又とても充実しており、こちらも近いうちに書きたいと思います。

さて、今は中国湖南省は鳳凰というところにいます。

小学生以来泊まったユースホステルにいますが、非常に面白い。

というのは、コミュニケーションが頻繁にとれるのですね。意外と英語を話せる人も多く、中国人はもちろんのこと、オーストラリアン、スパニッシュなど様々話すことができました。もっぱら一緒にいるのはもちろん中国人で、先ほどまで、5回目の一緒の食事を共にしてきました。

いよいよ出されたのが(ようやく出てきたと感じましたが)戦争の話。僕は僕が色々知った中での話をし、彼らも又その一部には納得した上で、我々の未来について話していました。

僕はもっぱらASIANを出します。僕らの世代が日本人というこだわりだけを持たずもっと広い視野で考えること、つまり日本人である以上にASIANであるということ。僕らの次の世代はより広いワールドで物をとらえられたらいいなといつも思っています。

彼らに言わせれば、そんなことを思っている日本人はいないと思っていたと言いますが、でも僕はこれだけ海外で活躍してきた日本人達を知っているわけで、話を聞いてきたわけで、それがいかに現実的な物であるかを切に感じる訳です。

やっぱり、日本にはまだまだ戻らずこっちの人たちともっと関わりたい、感じる次第です。

古町鳳凰にてモンゴル青年海外協力隊と出会う

四川省成都と日系3世

関連記事

  1. インドネシアのブロガーは20代男性!?

    (↑じゃかるた新聞より引用)のっけから、画像を張ってみましたが、書いてある通りに読めば、…

  2. 鳥肌が立った成功者同士会話&メンターから気づいたこと

    昨日のテニス部で作った取材予定者リスト。ステイ先の藤田氏にお見せしたところ、「この人…

  3. 2人の億万長者に会ってきました。&メンターから気づいたこと

    昨夜はJ-ORICの八重氏の計らいもあり、億万長者とお会いしてきました。おひとりは、まぐ…

  4. バリでの生活1週間~こんなことしていました。

    さて、バリに来たのが27日ですから、間もなく約1週間となります。早いものですね。こちらに来て…

  5. バリ、そこは同じ国でも宗教が違う不思議な町

    本日は、藤田さんと奥様とご一緒させていただき、世界でも一番美味しいと地元で評判の水餃子屋168に行っ…

  6. お金がなくても生活はできる・・・『暮らし』があるという事実~グレ…

     今日取材させていただいた方は、一つの価値観を又変えてくれました。 お金が通用する世界につい…

  7. インドネシアの滑り台付きショッピングモールとホテル

    インドネシア人の友人が、最終日だし5スターホテルに泊まろうと誘ってくれました。そこで、昨日は…

  8. バリ日本人会英語クラブは爆笑主婦の会&メンターから気づいたこと

    午前中より、向かった先はデンパサール近くにある「日本人会」。ご存知、世界中に日本人のための日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP