menu

現地で採用7年目。31歳イケメン社員さんをご取材してきました。

ここは、モスバーガー。
dscn0738
そうです、インドネシアには昨年からモスバーガーが入っています。
味はまさにモスバーガー美味しかったです!!(この話もしたい!)

今日は、昼食をはさんで、モスバーガーのフランチャイズ先でもあり、食品系の卸を専門とする現地日本企業で働く、北村氏をご取材させていただきました。
MASUYAといえば、こちらでお馴染みのスーパー、パパイヤをはじめ、モスバーガー、ダイソーの現地フランチャイズなどもしている企業です。

dscn0742

大学で『勘違い!?』からインドネシア語を専攻することになった北村氏。
現在31歳の彼が何故このインドネシアを専攻することになり、そしてインドネシアの地で働くことになり、どんな経験をしたのか。

このストーリーは、是非とも日本でこれから活躍する大学生、就職活動生、若手社会人の方に読んでもらいたいと感じます。

【ダイジェスト】
インドネシア語を大学で専攻中、実際にインドネシアの大学に20日程過ごし、そこでの心境の変化から徐々にインドネシアにのめりこんでいく北村氏。
大学卒業後、直ぐにインドネシアには行かず、先に英語を学ぶためにカナダへワーキングホリデーを一年間する彼が、その後ホームステイする先は何故かインドネシアの家庭。
帰国後就職を探しによった自身の大学のゼミへ行った際に、同時タイミングでやってきたインドネシアでの就職案内。
上司の転勤による営業から現場統括への昇格。

「ひょんな、きっかけの連続ですよ。」

と語るが、明らかに自身が望む先に向かって、自分から動いているように感じる。

そんな彼が、インドネシアは中心地ジャカルタの企業に採用されて早7年。
駐在員という形ではなく、自ら希望して海を渡り異国の地で実際に活動してきた軌跡を語ってもらった。

『何が彼をインドネシアへ動かしたのか。』

本筋と並行して、彼が中心となりインドネシアで立ち上げた、日本人会バレーボール部についての創設までのストーリー。
先日ご紹介した、大学のサークルを髣髴とさせるノリのこの部の実態を探る。

それでは、記事をお楽しみに。

PS
無事にバリに到着いたしました! 取り急ぎこちらはご報告まで♪
教授ありがとうございます!!

明日からバリ(インドネシア)に入ります。

目が覚めると楽園。経済的自由人藤田氏のお宅訪問&ステイ

関連記事

  1. 2人の億万長者に会ってきました。&メンターから気づいたこと

    昨夜はJ-ORICの八重氏の計らいもあり、億万長者とお会いしてきました。おひとりは、まぐ…

  2. 潜入ルポ!インドネシア日本人会バレーボール部

    今、自分がどこの国にいるんだろうか。ここは日本だっただろうか。ふと気づいた時には紛れもなくそこは…

  3. 海外に出ている日本人が思うことと、インドネシアのアパートメント

    今、ジャカルタの大型ショッピングモールに来ています。(TAMAN ABGGREK)というのは、フ…

  4. スーパーカーに乗りたくて公務員からラーメン屋に転じた男

    横浜の外人墓地の近くを子供と歩いていたとき、フェラーリが横を通り過ぎていった。そして、彼の人生は…

  5. angel and demon(天使と悪魔)を見てきました

    少し話は戻りますが、出発前にタイで見てきました。日本の上映日とほぼ同じですね。実際はタイ語の…

  6. お金がなくても生活はできる・・・『暮らし』があるという事実~グレ…

     今日取材させていただいた方は、一つの価値観を又変えてくれました。 お金が通用する世界につい…

  7. インドネシアのブロガーは20代男性!?

    (↑じゃかるた新聞より引用)のっけから、画像を張ってみましたが、書いてある通りに読めば、…

  8. 涙がこぼれそうになった感動をもらいました、ジャカルタ大物名物社長…

    昨日ジャカルタにつきました。 ついて早々、取材を2本。 一本目は、Lezzzaatレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP