menu

BBP流ジャカルタ・ラブワゴン

昨日は朝から引きこもってWEBのレイアウトを変えていました。
貧乏人は自分で変えるしかないんですよね(汗

さて、夜はインドネシア人とドライブの旅。
日中は、ホテル・近隣を、夕方から友人と彼の友人の3人で移動が最近のベーシックな流れです。

インドネシア シクロ

昨日は、彼が姉を紹介したいということになり、まずは迎えに行くことに。
どうやら兄弟で同じ会社にいるらしく、いつもいくショッピングモールへ。
ジャカルタ ショッピングモール

色白な彼女は、明らかに中華系。
友人の父方が中華人なので、それもそのはずですが、数年間中国にいた彼女は、インドネシア語と、中国語と、少しの英語のトリリンガル。

(ちなみに彼は、インドネシア語と英語と中国語を少しと、怪しいアニメで覚えた日本語を話すマルチリンガル笑)

彼女にインドネシアと中国どっちに住みたい?と聞いたところ・・・

「中国!!」

と即答でした。両親もインドネシアに今いるので、いけないのが残念だとか。

さて、4人になったラブワゴン。 次へ向かう先は。。。

彼の彼女の学校。

といいながら、時間は既に夜9時。 いるのでしょうか?
インドネシアの学校も見てみたいので、胸が高まるしだいだったのですが・・・

いました!しかも二人!
そして着いた先は、ハイスクール!
・・・日本だったら犯罪、ロリコンといわれているところですよね。
(なお、インドネシアって高等教育は英語基本的にはないんですよね。もちろんレベルによりますが、日本のように必須ではない)

彼女と彼女の友人を乗せたラブワゴンは、6人に。普通車ですから座席も減った暮れもありません。

高校生の彼女は、彼の友達に会うのは初めて。
そんなメンバーが、35超えたおっちゃんに、彼のお姉さん、そして何故か日本人、と不思議なレパートリーがそろい、そして英語や日本語、時に中国語が飛び交うその車に『目が点』の彼女。

取り合えず、挨拶をしてみると(インドネシア語でお元気ですか?→アパカパー)、ようやく笑顔になりましたが、とにかく若い! 日本人もよく幼く見られますが、こっちの子はもっと若く見えますね。

その後、シーフードレストランへ行って、昨日は帰ってきました。
ジャカルタ ビジネスバックパッカー

あっ、この国イスラムですから、基本的には豚やお酒は食事どころには置いてありません。
お酒はパブや外国レストラン、豚はチャイニーズ系か伝統料理だと使用可だそうです。

また、禁煙、禁酒の店でもお金を出せば好きにできます。
友人は金持ちなので、全てをお金で解決していきます。この国のお金の威力は凄いです。
そしてお金を持っているのが、中華系。
日本でこそ目立ちにくいですが、やはり中華系の力はどこの国でも凄いですね!!

ジャカルタの旅、まだ日本人に会っていませんが、今回は少しずつ現地人の人脈が広がっております。 
(日本の方ともご連絡はさせていただいています。)

WEBちょっと綺麗にしました。(つもりです。) 
コンテンツをここにどんどんいれていきます!!
あー関係者各位の皆さん、遅れていましてごめんなさい。。。(><)



是非とも応援の程よろしくお願いいたします! 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

インドネシアはジャカルタに着きました

海外に出ている日本人が思うことと、インドネシアのアパートメント

関連記事

  1. 16歳から仕事開始!6言語を操る男の波乱万丈記

    この人の仕事の歴史というのは、一体どこまで掘り出すことができるのであろうか。3時間近く話したもの…

  2. 潜入ルポ!インドネシア日本人会バレーボール部

    今、自分がどこの国にいるんだろうか。ここは日本だっただろうか。ふと気づいた時には紛れもなくそこは…

  3. 中国に来て感じることと改めて感じるASIANの概念

    なかなかネットに繋がらず繋がれば出会った人たちに連れて行かれる充実した時間を過ごしています。…

  4. ビデオレターは日航ホテルからのオーシャンビューに乗せて・・・

    本日はテニスの試合があるということで、ヌサドアの方にある日航ホテルへ行くことに。試合には出れない…

  5. 日本への退路なし!50代、元塾長&元不動産経営者バリへの挑戦!

    昨日お会いしてきたのは、不動産会社J-ORICのオーガナイザー的存在の八重氏。先に触れておく…

  6. 喜び組、ジャカルタ北朝鮮レストランにはあのお方の・・・

    それは、5年前。カンボジアで初めて見ました。そう、北朝鮮は先生(!?)が誇るあの、…

  7. バリ、そこは同じ国でも宗教が違う不思議な町

    本日は、藤田さんと奥様とご一緒させていただき、世界でも一番美味しいと地元で評判の水餃子屋168に行っ…

  8. インドネシア人ショップオーナーが資本家を発見した方法とは?初英語…

    インドネシア人の友人の行きつけの店ということで一度連れて行ってもらった店。『あにめ町』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP