menu

ベトナムへの行き方~打ち上げ花火、下から見るか横から見るか

あたりを見回すと、その風景は、かつて自分がそこにいたことを思い出せる。
日本を思わせるようなきらびやかな建物や、それを上回る町並みの綺麗さは、

ここは、シンガポール。

あれっ? なんで?

ということですが、シンガポールで購入した空港券が往復につき、日本からの行き方を調べたところこれが一番安かったからです。
では、このまま直行するのかというとそうではなく・・・

日本→香港(トランジット)→シンガポール
シンガポール→クアラルンプール(マレーシア)→ベトナム

このコース、実に二日かかります。
昨夜はシンガポールに一泊して、今空港からこれを書いています。マレーシアへの滞在は3時間。 これではどこへもいけませんが、何かしら発見があるだろうと感じます。
直線で行くか曲がり道で行くか、どちらにもその意味はありますよね。

 :

昨夜はネットも携帯も使えなかったので、日本で購入した本を読んでいました。「全脳思考」、「続・世界の日本人ジョーク集」どちらもお勧めです。
全脳思考の神田昌典さんは一度お話をしたことがありましたが、もっとぶっ飛んでいるイメージがありましたが、とても発想力豊かな方で感動した覚えがあります。勝間本を否定しないように包み込んで書いたという印象を受けましたが皆さんはいかがでしたか?

もう一冊、こちらは是非、手にとってもらいたいと。というのはただのジョーク集ではなく、著者が世界中を回った中でのそれぞれの価値観に程よい突っ込みがはいっていて、それがなかなか「なるほど」と感じます。
海外に対して日本人が持っている偏見、そしてその逆。どちらかといえば、心がスッキリするこの著書を一度目に触れてみるのは新しい世界に繋がっていくかもしれません。そんな入り口としてお勧め。

そして、今読んでいるのが、「ノルウェイの森」。
冒頭の書き方は、それを意識したわけではないのですが、思わず書いてしまいました。
読んでいる間、完全に引き込まれますね。そして私もまた、この本を読んでいる間に、「この本を手に取ったまでの」ストーリーを村上春樹調で、頭の中を駆け巡りました。次回PCを目の前にした際に書きたい気持ちがあれば、またのせてみようと思います。

ということで、今からマレーシアに行って来ます。そろそろ飛行機になる行為も飽きてきました。きっとそんなものなのでしょう。
ところが、新しい国へ行くことの好奇心は益々高まるばかり。続けてみないと何に「ワクワク」していたかなんて分かりませんよね。

ちなみに、私は「ワクワク」という言葉があまり好きではないです。あまりにも多くのシチュエーションで使える言葉で、相手にとってはそれがどの状態なのかさっぱり分からないし、実は本人も分かっていなかったりする。と私的意見。
この言葉、好きだった時期もあれば、嫌いだった時期もあるといった具合ですが、「ワクワク集団」のような団体を見ると鳥肌が立ちます。
どうも日本人の悪い習慣というか、良い習慣というのか、周りの人がその状態であれば自分もまた同調しやすいという箇所。結局その時間を通して得られるものは自己の発見ではなく、同調しやすい自分がいるということだけ。「もっとワクワクしょうよ」、こういっている人が家に帰ってから「俺何やっているんだろ」といった話をよく聞きます。 私の周りでは素直な気持ちでワクワクという言葉を聞きにくくなった環境にいるためそう思ったのかもしれません。

何故こんなことを書くかというと、これも又ノルウェーの森を読んでいる中で、過去回想をしていく中で、そういえば・・・と思ったため。
多くの方がこれを読む中であえて冒険してみました。

私にとって書籍とは、知識を得るためとは別に、過去に蓄積したものを引っ張り出すツールでもあったりするわけです。

タイトルもまた、思わず浮かびました、奥菜恵がかつて出た映画ですね。 普通の花火は下から見ても横から見ても丸かったわけですが、人生はドラえもん花火みたく平面花火のようなものですよね。しかし又それも花火だという事実。

脈絡がない文章ですが、出発につき、「下書き保存」をしたつもりで更新しておきます。

実家に帰らせていただきます。

本日よりベトナムにあるIT系会社にインターンシップをします

関連記事

  1. インドネシアで取材した方々&シンガポールに入りました

    ネット環境が悪く、なかなか更新が出来ませんでしたが、無事シンガポールに昨夜入れたことをご報告します。…

  2. 一つの目的、西野篤子さんへの訪問が達成されました。3ヶ月を振り返…

    私が、この旅を決意してから、さて何をするかと考えたときに、意味もなく世界を回ることだけはしたくないと…

  3. 教育とは何か?子供から考えさせられる今の日本を、美術家高橋万弥さ…

    最近聞いた子供の教育現場の話は、私の世界観を一変させるに十分な内容でした。ということで、まずはそのお…

  4. 井口晃プレゼンツ!旅人が溺れていくふかふかベッドの魔の手

    ということで、私、今こんなバックパッカー安宿ベッドからバックパッカー安宿は洗濯もろくにで…

  5. ネット業界の寵児が考えるパンアジアな視座とは?加藤さんを取材して…

    PanAsia Partners PTE,LTDのシンガポール代表 加藤順彦さんを取材してきました。…

  6. サッカー選手とライターに共通するモノを見る力。Sリーグ中村彰宏選…

    シンガポールといえば、文化がない。そんな印象を与えかねない。実際、シンガポール人の音楽やTVはあ…

  7. グリーンカードと日本国籍を置いた日系シンガポール人

    西野社長のご好意で、ご紹介いただいたのがこの方。ピラティスのインストラクターをされているAT…

  8. 世界級ライフスタイルのつくり方って何だろう?有名ブロガーを取材!…

    今回はシンガポールでとっても有名なブログ「世界級ライフスタイルのつくり方」のla dolce vit…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP