menu

タイ人とカンボジア人の交流と歴史問題

カンボジアには、タイ人の学生といってきました。ホリデーなんですよね。

ご存知の方が少ないと思いますが、タイとカンボジアはもめています。
もう少し正確には、歴史的背景としてカンボジアの領土が一時タイにあったということがあります。

もめている原因の一つは、領土。 何とか遺跡はこっちのものだとか、土地はこっちのものだとか、日本の竹島問題に近いとことろがあります。

そして、最近では(といっても5年以上前)ですが、タイの女優さんがカンボジアに対しての発言を、通訳が間違えて伝えての暴動

(タクシン首相がカンボジアで色々しようとしていたのができなくなったとか何とか。。。)

つまるところ、あんまり仲がよろしくない。

特にタイ人としては、カンボジアは自分達の領土だ(った)という考えと経済レベルから、カンボジア人を下に見ていますし、カンボジア人から見れば、侵略者であり、また嫉妬心が前面に出ています。

という背景の下で、僕はそのことをあまり知らずに行きました。

dsc07480

カンボジアについて案内してくれた子に最初に言われたことは、

「君はタイ人だけど観光客でもあるから安心して。」

でした。 実際その瞬間、タイ人の子の顔が緩んだことを覚えています。

彼は、いかに自分がタイを好きかを語ってくれましたが、タイ人の子はカンボジアについて語れないんですね。

つまり、知らないんです。

知っていることは、歴史の教科書で昔カンボジアが領土だったことと、最近先にあげた女優の事件と、ポルポトなどから、怖いイメージ、タイ人が嫌いというイメージ。

これ、日本と北朝鮮なんて少し似ているかも知れませんね。
(国境が開いていない分、全然レベルが違いますが)

途中、歴史の話が出ました。
彼が話したことに対して、「そんなことはタイの教科書には載っていないし、ずれている」とつぶやいていたのが記憶に残ります。

彼と別れてからの帰りがけ、タイ人の子に色々質問してみました。

・カンボジア人の事どう思った?

-今回初めて彼らがタイ人に関心を持っていることを知った。タイの製品もたくさんでているし、タイへの憧れってあるんだなと。

・彼の話した歴史と自分達の習った歴史が違ったといっていたけどどう思う?

-それは仕方がないと思う。それについて議論しても私には過去はわからないし、またどうしようもない。むしろ今後どうしたいかが重要かな。

・彼らと今後どうしたい?

-自分がまずは何も知らなかったことが、隣の国にいながら恥ずかしい。彼らが関心をもってくれているのだから、自分達もまた関心をもちたい。

・国的には、まだまだしばらく関係修繕には時間がかかるよね?

-だからこそ、今回自分が関心を持ったから、それをまずは仲間に教えてあげたいなと。彼等は決して嫌っているわけではないし、友好的な人もたくさんいるということ。その輪を少しずつ広げられたらいいと思います。

タイ・カンボジアの関係が今後良くなっていくと良いですね。
同じようなことは世界中にありますが、こういった若い子たちが世界中に増えたらいいのではと感じるしだいです。

カンボジア

インドネシア人の友人にコンタクト取れましたw

インドネシアはジャカルタに着きました

関連記事

  1. 今から車椅子を届けに行ってきます!!

    おはようございます!といっても、日本は既にお昼ですね(汗今日は、日本から持ってきた車…

  2. 荷物かばんが変わりました! ・・・ってデカッ!!

    ということで、新しい国に行くので、荷物を整理したところ、圧倒的に・・・・荷物が増えている!!…

  3. 【海外】うれしいご提案w

    拠点のお話で、タイステイ先のakuninさんから、長期拠点としてお言葉いただきました!!よっ…

  4. タイにおける人脈の作り方~日本人タイ妻編

    ということで、第二段を掲載。タイにおける人脈の作り方~日本人タイ妻編今後こちらの日記…

  5. 日本人町を作った山田長政について

    先日、取材をしていたときに出てきたのですが、この方って実在するのでしょうか?日本の教科書に掲載さ…

  6. ふとしたときに旅先で読み返す本「PLAY JOB」

    この本は、阪神阪急百貨店の部長さんから僕の壮行会時に、いただいた本。そういった意味でも大切な…

  7. 2020年発展途上脱出を目指すカンボジアの現状

    カンボジアは首都プノンペンに足を延ばしてみた。ベトナムでのVISAが切れると言うこともあり、…

  8. ようやく名刺を作りました!

    うわさで名刺が見つかると国外追放などと聞いていたので、作ってきませんでしたが、どうもこの意味を履き違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP