menu

1週間ぶりの更新ですが

こんにちは、みなさま

お元気でしょうか? こちらはタイに入って早2週間がたとうとしています。
早いものですね。ようやく朝早くおきれるようになったりと、慣れてきたようです。

この一週間は、パタヤにいったりとなにやらしていましたのと、お疲れ気味だったので、更新が滞っておりました(汗

時間の流れがとてもゆっくりというか、ぼっとしているとあっという間に一日が終わっていたりと、日本にいるときとは又違った意味で、時間が経つのは早いなと感じます。

慣れてくると、ここは日本じゃないか?と錯覚することがあります。もちろん日本の物や日本の方ともお話しするからですが、それ以上に、連絡手段(スカイプ+携帯)が整ったため、毎日、誰かしら日本と電話をしているためです。

今の僕の感覚では、そうですね。 東京⇔大阪間ぐらいのイメージでしょうか。
それぐらい、近い感覚ということです。

こちらでの、やっていく方向性は、色々模索しています。
先日は、元読売新聞記者で、「世界、人」のコラムを書いている方とお話しました。
同じようなこと(全く同じではないですが。)をやっている人は世界中にいるということもわかりました。
そういった意味でもユニークなものにしたいなと。
焦りすぎとのお言葉もいただいたので、あまり視野を狭くせずもう少し色々な物や人を見ながら作り出していこうと。

国を超えるというだけで、色々と考えたり、思ったりすることは増えます。
それは、これからより多くの国へ行くことで更に感じるでしょうし、気づくことも又多いでしょう
。時間は有限ですが、何がしたくて何のためにきているのかだけは忘れないでいこうと改めて感じます。

さて、日ごろは英語です。
というのは、同じく居候のJEN(タイ人)が英語を話せるからです。日中は二人でいることが多いので、色々と話します。日本とタイの発音はどっちも悪いですね笑 
childrenは「しゅーでん」、next timeは「ねくたーい」と聞こえます(汗
日本の友人の何人かとはスカイプで3人で話したりしてみましたが、やはりみんなわからないようで、からかう材料となっています。
ちなみにJENからすれば、workが「わぁく」と聞こえるらしく意味不明だとか(苦笑

今日は、この後、専属コーチと今後について話します。
先ほど、メンターの藤田氏とも電話で話していて、「すぐに行動」というお言葉をいただきました。
ギアをそろそろまた入れていこうかと思います!

話はぜんぜん変わってしまいますが、こんなボランティアがあるのですね!
オリンピックボランティア
http://www.tadachi.com/olympics/index.htm
興味のある方は応募してみても面白いかもしれません。

写真は、
パタヤビーチにて
ホストファミリーと海鮮屋にて
夜の街wにて

rimg0287

rimg02951

rimg0436

ヒェ~銀行口座が(汗

本日、21時フジテレビ「黒部の太陽」で歌手,堀澤麻衣子の歌が流れます。

関連記事

  1. 携帯電話とスカイプを用いて格安で電話できるようになりました

    ということで、マイミクさん限定で。スカイプイン、スカイプアウトというものを用いて日本…

  2. 朝7時から決心する瞬間

    昨日今日と、朝早くから日本から来ていた社長さんとお会いしていました。結果、今後、旅をするうえ…

  3. 【海外】うれしいご提案w

    拠点のお話で、タイステイ先のakuninさんから、長期拠点としてお言葉いただきました!!よっ…

  4. タイ人とカンボジア人の交流と歴史問題

    カンボジアには、タイ人の学生といってきました。ホリデーなんですよね。ご存知の方が少ないと思い…

  5. 今日からインドネシアです

    すみません、バタバタしていましてなんだかこんな日記ばかりで。昨日は、富裕層2人を含め計四人で…

  6. タイに住む日本人主婦モニターアンケート

    ということで、タイに住む日本人主婦の方にアンケートを行ってきました。この結果は、後日公開しますが…

  7. 今日は夜に友人が来ます♪

    今日は、日本から友人のぼっさがくるので、(何をしにくるのかは知りませんが笑)夕方過ぎにはお迎えに行く…

  8. 海外で活動している方々は凄かった!!

    先ほどまで、新宿の高層ビルで海外で活躍されている方々とお会いしてきました!やはり、世界で活躍…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP