menu

ニュージーランドにある考え方「Overseas Experience」

今日は、ちょっとインドネシアから外れてニュージーランドのお話。

これに触れる理由は、先日お会いした社長がニュー時ランドでビジネスをされている方という点と、そのときに聞いた言葉「Overseas Experience」に非常に興味があったから。

「Overseas Experience」=「海外経験」

ですね。

ニュージーランドでは、以前から若年層を中心に海外での就業経験(Overseas Experience)を大事にする傾向にあった
(引用:小泉改革を先取りしたニュージーランドのいま)

これは、決してNZに限ったことではなくヨーロッパなどでも比較的良く見ます。
バックパッカーをしてみると外人がたくさんいるように見えるのはそのためでもあります。

昨今、日本でも海外経験をするべしとする「海外志向論」と、「海外否定派論」があります。
私はもちろん前者で、以前にも書いたとおり、社会人2,3年後経済の流れが見えてきたら世界を見てから次の行動に移したほうがいいと思っています。

今回あえてNZをあげたかというと、それは同じ「島国」だから。
ところが、日本にはOEなどという考えは、ごく一部で実際にやっている人もわずか。この大きな違いは、なんといっても「人生に対する柔軟さ」が違うところではないでしょうか。

いくつかネットを見てみると、このあたりが、日本と違いの背景にもなるようです。

・職業の生涯に関わる数が違う(NZはなんと7つ)
・英語ができる
(参考:海外では20代でのOEが盛ん!?

さて、ところがNZで問題となっているのが、これ。「頭脳流出(Brain Drain)」

 ニュージーランドでは、以前から若年層を中心に海外での就業経験(Overseas Experience)を大事にする傾向にあったが、最近では知的専門職を中心に、よりよい就業条件(賃金等)を求めて海外移住する頭脳流出(Brain Drain)が問題になっている。特にオーストラリアへの流出が顕著で、01年6月までの1年間に約1万1千人のオーストラリア人がニュージーランドに移住している一方、その4倍近い約4万2千人のニュージーランド人が、オーストラリアに移住している。また世界全体では、95年度(95年7月~96年6月)に、海外からニュージーランドへの移住者がニュージーランドから海外への移住者を約3万人上回っていた。ところが、00年度(00年7月~01年6月)では、海外への移住者が海外からの移住者を9270人上回ってしまった。

 頭脳流出によって、コンピュータ、医療、教育、建築、林業、酪農等の分野において技術・技能を持った人材の不足を招いている。

 海外への人材の流失は、景気が悪化している状況の下で、なおかつ非熟練労働者を中心に発生するのが常であるが、ニュージーランドの場合、比較的好景気にありながら頭脳流出が発生していることから、将来的には深刻な問題になると懸念されている。
(引用:小泉改革を先取りしたニュージーランドのいま)

この文章は、悲観的にも好転的にもとれる。

たまには、こういった視点から日本と海外を比較してみるのもまた面白いかもしれない。

【記事第四弾】16歳から仕事開始!6言語を操る男の波乱万丈記
↑読んだら是非感想を聞かせてください↑

【記事第三弾!】時代の変化を跨いで夢のバリへ在歴36年カルチャースクール経営
↑読んだら是非感想を聞かせてください↑

皆さんの力が私の世界一周を後押ししています!!是非とも応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

おめぇ、チャウチャウちゃうか? いんや、ちゃうちゃう・・・

涙がこぼれそうになった感動をもらいました、ジャカルタ大物名物社長たち

関連記事

  1. タイではレッドクリフⅡは既にDVD化!?

    海外に行くと良くあることですが。。。いよいよ日本で公開された「レッドクリフ パートⅡ」!…

  2. 【雑談】ニックネームをひで⇒NORIに変えます。

    海外へいくにあたり、ニックネームを切り替えます。といいますのは、ひでだと⇒hideとなりハイ…

  3. いまさらながらホワイトバンド問題を考える

    ちょっと調べ物があって、2・3ネットサーフィンしたら、偶然この話が。なんだか懐かしいなと思っ…

  4. 写真を面白く加工できるloonapixで遊んでみました

    タイで流行っているSNS「hi5」の友人、Sreesakdaちゃんが教えてくれました♪loo…

  5. 深キョンそっくり!? バンコクモーターショー2009 part4…

    さて第4弾は秘蔵写真。深キョンにちょっと似ていませんか!?隠れお気に入りですw…

  6. 【美女】バンコクモーターショーは美女だらけ!? part3

    写真が取りまくったので、皆さんに楽しんでいただければと思います更新も早3回目。恐らくpart5ぐ…

  7. angel and demon(天使と悪魔)を見てきました

    少し話は戻りますが、出発前にタイで見てきました。日本の上映日とほぼ同じですね。実際はタイ語の…

  8. 【美女】お待たせしました!タイのモーターショー2009

    お待たせいたしました!!もうね、ほんと男性の皆さんお待たせしました!なんで、NORI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP