menu

連れて行かれた先は、日本語を話す女性達&無料Englishクラブ?

このように書くと、お姉ちゃんのいるクラブか何かと思われそうであるが、そんな色は一切無く、『普通の』カフェ
ただ、普通のカフェとちょっと違うのが、やたら団体が入っていたということ。

仕事が終わってから、スタッフのベトナム人の子に、友達を紹介してもらいました。
「みんな日本語、上手ですよ。」ということで、それは是非と。

向かった先は、直ぐそばのカフェでオーナーがベトナム人ではなく、欧米系のオーナーだそう。
中に入れば、最初に目に付いたのが、20人ぐらいいる団体

ベトナム 英語クラブ

「これは、みんな夜に集まって英語の勉強をしているんです。英語以外はなしちゃだめ。」

どうやらオーナーの趣味もあり、毎週何回か定例的にEnglishクラブが開始されているそう。耳にする英会話は一応に滑らかなやりとり。

「NORIさんも参加して良いんですよ。」

無料で開催されているので、ドリンクを注文すれば、その輪に入れるというシステム。実はここ以外にもたくさんあるそうで、同様に日本語クラブもあるそう。ベトナム語もあるそうで、学校に通うよりも安くて手ごろなようです。

さて、紹介してもらったお友達はといえば、みんな日本語ペラペラ。私のくだらないベトナム語も笑い流されながら、自己紹介してもらえば、20代で社長の女性やらなんやら。
ベトナムベトナム

「彼氏は私より優れた男がいいなぁ。。。」
トリリンガルで社長のあなたより優れた男はそうはいないでしょう。
もちろん「優れた」とはこの場合仕事だけをさすわけではないので、きっと良い人も見つかることでしょう。

ベトナムの婚活事情は、日本ほどシビアではないものの、「最高のパートナー」を見つけるという点では、なかなか大変なようです笑
日本と違い、男をひっかえとっかえという週間は無いですからね笑

 :

仕事は、新しいプロジェクトがスタートしました。
短納期につき、サポートのつもりがガッツリ日本とのやり取りに入ってしまいました(^^;
頭の中で計算するとどうも定時で帰る事は無理な気が・・・笑 せっかくの機会ですし、ガッツリからませてもらうとしましょう♪

アジア市場におけるトリリンガルの需要を職場から考える

エンジニアの価値とは?20万円?1億円?

関連記事

  1. ベトナムに残った本当の理由

    と書くと、実は彼女でもできた?等と思われそうですが、残念ながらそんなこともなく(それはそれで残念…

  2. twitterフォロー募集♪ ベトナムで使用されるアカウントはY…

    おかげさまでtwitterに変えてから、とっても更新が楽しくなりました。まずは、この素晴らしい媒…

  3. カップラーメンをすする日々。。。男泣き

    気がつけば、今日で会社に一人残るのも3日目。 一つの案件が大詰めを迎えようとしています。 …

  4. ベトナムはホーチミンに着きました

    こんにちは! 今はベトナムホーチミンです!タイのVISAの関係でこちらに来ましたが、何もわか…

  5. ベトナムで日本人に話しかけるために使う日本企業は・・・!?

    なんと、味の素。昨日、ホーチミンの新たな観光名所に顔を出してきました。相方に浴衣を着せて…

  6. 世界一周をするベトナム人のお話(fiction)

    昨日ベトナムにこんな話があるという話を聞きました。あるベトナム人がいてね。彼はいろん…

  7. ベトナムのカフェで奏でられるクラクションのメロディ

    土日は会社はお休みです。組織を抜けてから、休みというものが曖昧で毎日何かをしなければという思いも…

  8. 還暦を迎えても交通手段はバイク!元ベトナム・中国衣料工場長にお会…

     颯爽と原付バイクに跨って登場したのは、三木さん61歳。軽い身のこなしと、無難にバイクを乗りこな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP