menu

7月より中国に入ります。

約一年にわたるベトナム生活でしたが、来月より中国へ渡ります。

中国と言えば、良いも悪いもひっくるめて、「餃子」!
(大好物な物で真っ先に頭に浮かんでしまう・・・ジュル。。。)

香港の方より北上していく予定です。

これまでのような土着スタイル(といっても2週間~1ヶ月(1年)ぐらいですが)ではなく、若干足早に進んでいく予定です。

どこかでIphoneを取得して、ライブ動画のような形も行っていければと思いますが、まずは目で見て、お会いする方々のお話を聞いていければと思います。

中国でご紹介いただける方がいらっしゃいましたら、大変嬉しいです!!

世界に出てからの1年と3ヶ月の本音を語る。「ビジネスバックパッカーって何ですか?」

2020年発展途上脱出を目指すカンボジアの現状

関連記事

  1. カメラ紛失・・・

    今日の午前中までの分はPCに出していたのですが。。。ショック・・・公園で電話していた…

  2. 同年代で夢を駆け始めた社長、想いを語る

    昨日うかがった先は、ベトナムで日本人の人材紹介をメインに始め現在は日越の人材を紹介する会社「ICON…

  3. ベトナム謹賀新年より ぶらっと街をみると感じる変化

    緩やかに変わる人との意識とともに街は急速に成長していく。そんな気がするベトナムのテト。ま…

  4. ベトナムで日本人に話しかけるために使う日本企業は・・・!?

    なんと、味の素。昨日、ホーチミンの新たな観光名所に顔を出してきました。相方に浴衣を着せて…

  5. ベトナムの交通事情

    タイからベトナムに来ての一番の違いはやはり交通事情。とにかくバイクが多いです。日本を…

  6. もうすぐこの椅子を返さなくてはいけないので、早く自分の椅子を作ら…

    と思うわけです。以前書きましたが、社長の出張のため、社長の椅子があいていたため座っています。…

  7. 海外で仕事をするということ。3ヶ月がたちました。

    早いものです。しばらく日記も書いていませんでしたね。最後に書いてから約2週間がたっていました。あ…

  8. ベトナム視察組用バイクコース

    先日、友人のサムスル取締役の渡邉さんと、いつもかまってもらっている吉田企画の吉田社長がベトナム入りし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP