バンガロール最後の夜

バンガロール 友達の作り方
バンガロールでは主にルームメート達ととても強い繋がりを持つことが出来ました。
異国の地で生活する上で、どうしてもローカル人を無視することは出来ません。
もちろん仕事できて仲良くなることもありますが、やはり友人というのは双方のビジネス抜きでも気軽に出来る中を言いますから、そういった関係は難しいものです。
賢い人は、あえて最初に現地の大学や学校に行って損得抜きの友情関係を作ってからビジネスを始める人もいたりします。

バンガロール ビジネスバックパッカー

僕の寮生活も正にそんな感じ。
何か困ったことがあればいつでも協力し合えるそんな関係でやってきました。

最終日前夜、突然ルームメートの1人が、「起きろ!」と起こしてきました。
眠い目をこすって外に出ると、既に他の部屋のメンバー達がバイクにまたがっています。

「Noriに最高の物を見せてやるよ!」

と深夜3時からバイクにまたがること2時間後。
ついた先は絶景のサンライズスポットでした。

実際には霧が強く見ることは出来ませんでしたが、そんな彼らの気持ちはとても嬉しかったです。

バンガロール

この時着ていたパーカーは、親友のサントスがプレゼントしてくれた物。
北インドは寒いからこれを着て頑張れとのことです。

インド人って何考えてるか分からないという人も多いですが、結局根本的なことは同じで大切な人、仲間のためには一生懸命になれる人たちなんだと思います。