世界にタックルと再会

タイでお会いした世界にタックルの19歳バックパッカー小出君と再会しました。
彼はバングラディッシュ人に縁がありお世話になっていたようです。
素晴らしい。どんどんローカルに浸って行っていますね。

今は、大学教授の家にお世話になっているそうです。
この子の人を引き寄せる力というのは凄いですね。

日本で若い子が元気がないと言われていますが、実際の所どうなのでしょうか。
若者の海外離れという言葉は実は嘘であるというデータもあります。
「若者は内向き」という誤解。

こういったことを考えると、メディアの出している情報という物は本当に信憑性を疑わざるをえないといえます。

もう少し正しく言えば、一部だけを切り出して大きく見せているといえるでしょう。嘘を言っているのではなく一部だけを誇張してみせる。

私も海外をずっと歩いてくる中で多くの日本の若者に会ってきました。
彼らは日本人というステレオタイプに当てはめることは既に難しいですが、こういった若者が現実にたくさんいるという事を本来伝えるべきなのではないかと思うのです。

世間は、大人は、いつも卑怯です。権力を持った者達程現実を見ようとしません。
今の日本の状態を誰かのせいにしないと気が済まないのでしょうね。

今の若者に何が足りないかと言えば、その向けられた悪意をはねのけるバイタリティが足りないのかもしれません。
行動に示すのではなく、ネットに書き込んで満足しているのではもう駄目なのでしょうね。

若者よ決起せよ。

既に動いている若い人たちはたくさんいますが、彼らにどんどん続いていって欲しいと感じる次第です。

帰る場所

デリーCITYWALKインド富裕層エリアが集まるモール

関連記事

  1. 帰る場所

    11月初から12月初頃まで非常に「頭がよその世界に行ってしまうような生活」を送っていました。…

  2. バンガロール 土屋さんと

    バンガロールのMBAスクールに通う土屋玄洋さんにお会いしました

    今回ご紹介頂いたのは、こちらでMBAスクールに通いながら、会社設立を準備中という 土屋玄洋さん。…

  3. デリー FC KICKERS

    デリーの日本人会サッカー部「FC KICKERS」

    こちらでインターンシップをされている飯田さんのご紹介で、デリー日本人会にあるサッカー部「FC KIC…

  4. インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)への誘い

    デリーで1人の青年に声を掛けられました。普通なら無視か愛想笑いでスルーするのですが、彼の目を見た…

  5. タージマハルホテルの佐藤さんとビジネスバックパッカー

    夢は支配人!タージマハルホテルで働く佐藤さん

    今回お会いさせていただいた方は、タージマハルホテルの佐藤誠さん。こちらでインターンをされてい…

  6. バンガロール 友達の作り方

    バンガロール最後の夜

    バンガロールでは主にルームメート達ととても強い繋がりを持つことが出来ました。異国の地で生活す…

  7. バンガロールでの英語学習3 バイブルと呼ばれる学習書「thesa…

    プライベートレッスンの先生でもう1人お世話になったのは、ビジネスコンサルタントでもあるサンディープ先…

  8. バラナシ、ヴァラナシ、インド

    インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)の魅力

    インドの聖地。始まりと終わりと言われる街、「バラナシ(ヴァラナシ/ワラナシ))」デリーで会っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP