海外に出ている日本人が思うことと、インドネシアのアパートメント

今、ジャカルタの大型ショッピングモールに来ています。(TAMAN ABGGREK)
というのは、フィリップ(通称:奴)がこの中のアパートメントセールスのキャンペーンをしているから、遊びにおいでと。

タイで言うコンドミニアム、ベトナムで言うサービスアパートといったところでしょうか。
インドネシア アパートメント
アメリカ人でインドネシアが長い彼のボスと30分ほど立ち話させてもらいましたが、いたって売れ行きは順調とのこと。
価格層がかなり的を得たようです。 大体3m×3mで30万円だとか。狭いですが安すぎます。 というのは。。。

【外国人名義】では、買えないから。

ということで、不動産系の友人達に情報を送ろうと思いましたが断念。。。
【外国人名義】ではインベストできないんですね。
企業、又は現地人と組む必要があります。
(これ重要なところですが、騙されたりするケースもあとを絶たないそうです。) 

 :

話は変わって、なんで僕が彼を「奴」といっているかというと・・・・
dscn0039

ちょっと悔しいから(苦笑

ようは、ボンボンなんです。 ホテル代も全額ペイしてもらいました。 
週末は、5つ星ホテルをみんなで泊まろう!って。 絶対返しません!笑
中華系の父親を持つ彼の家は複数レストランを経営し、彼の所有者はベンツを含め3台。
NORIはフレンドだから当然のことだよ、いってくれますが、ちょっぴり悔しいですね(^^;
でも、めっちゃいい奴でホント面白いやつです。女の子大好きです。(24歳の彼の彼女は女子高生・・・)

でも、そんな彼でも日本へのVISAの取得は難しいのです。
この意味伝わりますでしょうか?

日本ではインドネシア人(その他アジア諸国)のトラブルがいくつかあったことから入国には金銭的なものをはじめ、身元がしっかり取れないと入れません。
お金「だけ」では、解決できない面もあるようです。

そういった意味からも、外に出てよく感じるのは、日本人の先代がどれだけ素晴らしかったかということ。
もちろん良し悪し、善悪色々あったでしょうが、これほどMADE IN JAPANブランドは凄かったのかと不思議になるぐらいです。

現地に着てみれば、カンボジアなどを見ていても感じますが、決して日本はお金だけ援助しているわけではないということが良くわかります。

先日の日記にも少し触れましたが、これまで取材、お会いしてきた世界で活躍している日本人の多くは、それを知らない日本人が多すぎることによく触れます。

最近YAHOOのニュースのコメントのやり取りで、海外へ日本人が働く/出て行くことに否定的なコメントが目立ったそうです。

「日本を捨てるのか?」

等といった意見があったそうですが、本当にそうでしょうか?
自分達の立ち居地を知らないで、一体何を知ることができるのか?

先日お話をさせていただいた方を始め、僕の友人達の何人かは、華僑みたいに海外で活躍して日本を高めていくことが必要だねといい、実際に動いている人たちがいます。

僕は、日本人こそ海外に出れば日本の良さをよりわかるのではと感じます。
だってどこを見てもmade in japanです。

約2ヵ月半、この時点で言うのは早いかもしれませんが、あえて書いておきます。

「1回は日本を出て、現地に2~3週間は住んでみてほしい! それも若いうち。できれば社会人を少し経験してから。」

これが僕のここ最近の所感でしょうか。
学生できても、少なくとも僕は頭パッパラパーだったので、せめて経済に興味を持ってからのほうが面白いかな?と感じます。

ちょっと走り書きですが感じたことをそのまま書いてみました。
皆さんはどう思いますか?

BBP流ジャカルタ・ラブワゴン

angel and demon(天使と悪魔)を見てきました

関連記事

  1. わらしべ長者ムービースタート

    といっても、撮影したものをぶつ切りしただけですが、これから徐々に交換したものをアップしていきたいと思…

  2. angel and demon(天使と悪魔)を見てきました

    少し話は戻りますが、出発前にタイで見てきました。日本の上映日とほぼ同じですね。実際はタイ語の…

  3. 鳥肌が立った成功者同士会話&メンターから気づいたこと

    昨日のテニス部で作った取材予定者リスト。ステイ先の藤田氏にお見せしたところ、「この人…

  4. じゃかるた新聞副編集長をご取材してきました。

    ジャカルタ新聞の副編集長、上野さんをご取材してきました。じゃかるた新聞といえば、イン…

  5. バリの癒し的存在、インドネシア語の家庭教師デデさん

    ステイ先の藤田家に家庭教師で来ている、インドネシア語の先生、デデさん。なかなかないチャンスな…

  6. 涙がこぼれそうになった感動をもらいました、ジャカルタ大物名物社長…

    昨日ジャカルタにつきました。 ついて早々、取材を2本。 一本目は、Lezzzaatレ…

  7. 【記事】時代の変化を跨いで夢のバリへ在歴36年カルチャースクール…

    取材記事第三弾が完成しました。「時代の変化を跨いで夢のバリへ在歴36年カルチャースクール経営…

  8. 目が覚めると楽園。経済的自由人藤田氏のお宅訪問&ステイ

    朝目がさめると、そこには小鳥のさえずりと水のせせらぎの音が聞こえた。。。ここは、一体どこであ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ドバイの野宿ポイント
  2. インドデリーでの夜会とビジネスバックパッカー
  3. インドの結婚式
  4. インフォブリッジ繁田社長とビジネスバックパッカー

アーカイブ

PAGE TOP