CATEGORY

インド

インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)の魅力

インドの聖地。始まりと終わりと言われる街、「バラナシ(ヴァラナシ/ワラナシ))」 デリーで会ったOm君と再会の約束をした地です。 実は彼に電車代を貸したと言うこともあり、まぁそんな理由もあり着てみました。 何て神秘的な場所なのでしょう。 空気が若干違う感じがします。それはあくまでも体感的な物であり、もしかしたら単に錯覚しているだけかもしれません。 是非、インドに着た際には訪れて欲しい地域です。 こ […]

インドの聖地バラナシ(ヴァラナシ)への誘い

デリーで1人の青年に声を掛けられました。 普通なら無視か愛想笑いでスルーするのですが、彼の目を見た瞬間に何か話してみたいそんな感じにとらわれました。 「ネパール人ですか?」 彼の最初の言葉です。後から聞いてみたのですが、本当にそう思ったらしいです。 彼の名はOM(オーム)。バラナシのホテルのオーナーの弟だと言います。 デリーのディワリを見るためにやってきました。 彼の事を騙されても良いから信用しよ […]

バンガロール最後の夜

バンガロールでは主にルームメート達ととても強い繋がりを持つことが出来ました。 異国の地で生活する上で、どうしてもローカル人を無視することは出来ません。 もちろん仕事できて仲良くなることもありますが、やはり友人というのは双方のビジネス抜きでも気軽に出来る中を言いますから、そういった関係は難しいものです。 賢い人は、あえて最初に現地の大学や学校に行って損得抜きの友情関係を作ってからビジネスを始める人も […]

MBA流就職活動方法

北インド人の親友の1人シャルマがとうとう仕事を見つけました。 彼の仕事は大手銀行の人事。主に採用担当を行うことになるようです。 彼は、一番最初のルームメートでもあります。 そのときからずっと片手にはMBAの本と履歴書。 バンガロールでパートタイムの仕事をしながら、MBAの学校に通っていました。 先月ようやくMBAの資格も取得し、この1ヶ月ずっと仕事を探していたのです。 彼が合格したことは自分の事の […]

バンガロールのMBAスクールに通う土屋玄洋さんにお会いしました

今回ご紹介頂いたのは、こちらでMBAスクールに通いながら、会社設立を準備中という 土屋玄洋さん。 ご紹介ルートが非常に興味深いです。 私がtwitterで環境ビジネスに関心があると書いたところ、環経政という環境ビジネス団体の方から、ちょうどインドに環境の視察に何社か来ていると伺いました。 実際にお会いすることは出来ませんでしたが、その一つの会社の息子さんがちょうどこちらで学校に通っているとご連絡頂 […]

バンガロールでの英語学習3 バイブルと呼ばれる学習書「thesaurus」

プライベートレッスンの先生でもう1人お世話になったのは、ビジネスコンサルタントでもあるサンディープ先生。 期間こそ短かったですが、彼には面白い考え方と「バイブル」と呼ばれる物を頂きました。 熱血サンディープ先生。 話し始めて30分。私の英語力を教えてくれました。 君は話すことは問題ない。聞き取りもそんなに問題ない。 「ボキャブラリー」を増やす必要がある。 そのためには、君にはこの、「バイブル」が必 […]

バンガロールでの英語学習2 プライベートティーチャー

プライベートレッスンの先生は期間中2人にお世話になりました。 スダ先生は、インド訛りの英語を話す現役のカウンセラーでもあるのです。 最初聞き取れなくて何度も聞き直す事をしていましたが徐々に慣れてきた頃から、質問が徐々に僕の内面的な物になってきました。 この時期は、ちょうどベトナムから出てまだ1ヶ月ということもあり、今後ベトナムの恋人とどうするか、どこで仕事をするかなど頭の片隅で考えてもいたところで […]

バンガロールでの英語学習生活1

バンガロールには約2ヶ月いました。 英語学校での生活は正直大変でした。 まず、英語として聞こえない。。。 インドアクセントのブリティッシュイングリッシュは刺激的に私の頭を混乱させます。 来る前はある程度大丈夫かなと自身があったのですが、違う意味で打ち砕かれました。 クラスは、 ・プライベート ・初級 ・中級 ・上級 この4つを受講していました。 初級はあまりにも簡単すぎたため、途中でギブアップしま […]

バンガロールのルームメートとその暮らし

バンガロールの生活はtwitterによく書いていたのですが、8人部屋のPG(ペイメントゲストハウス)に住んでいました。インド人7人が僕のルームメートです。 ゲストハウスには合計30人のインド人+僕。そんな生活です。 トイレ・シャワーは外にある共同のものを利用します。 朝ご飯・晩ご飯(もちろんカレー)付きで月8000円。 バンガロールの中でもこのジャヤナガラ地区は学園都市的なエリアでもあり若干高めで […]