古町鳳凰にてモンゴル青年海外協力隊と出会う

ここは鳳凰という場所です。
湖南省鳳凰
湖南省鳳凰

恐らく殆どの方がご存じないのではないでしょうか。
湖南省にあります。
張家界からバスで1時間ほどの場所です。

湖南省鳳凰
湖南省鳳凰

中国全土からの旅行者で溢れかえっております。
ここと先にご紹介した張家界が大体セットでの旅行プランとする方がいます。

ここでは、ユースホステルを利用しましたが、ルームメートは中国人のご一行。
殆ど英語を話せる子達はいませんでしたが、それでもなんとなく気が合い、一緒に食事をしたりしていました。

湖南省鳳凰

殆ど話せないので、書く内容がない・・・。

翌日、偶然にも日本人の方にお会いしました。
彼はモンゴルから現在旅行に来ているという事。
話を聞いてみるとどうやら日本で学校の先生をされていたそうで、現在は青年海外協力隊で、モンゴルの養護学校で先生のサポートをされています。

湖南省鳳凰 青年海外協力隊

モンゴルって一体どんなところ?と関心を持っていたのですが、結構な親日国奈用ですね。もちろん皆朝青龍の事は知っているようです。
中国の進出がめざましく、モンゴルとしてはあまり喜ばしくないようです。

彼は1年目ですが、2年間の任務を終えた後、この養護学校で学んだことを日本に持ち帰りたいと語ってくれました。
教育カリキュラムはもちろん日本の方が優れていますが、言葉の通じない子供達とどうやってコミュニケーションを交わしていくか、奮闘の中で様々な気づきが会ったようです。