四川省成都と日系3世

成都ユースホステル ビジネスバックパッカー四川省の中心地、成都に来ています。
ここにも既に日系の企業が進出しています。
イトーヨーカドーにISETAN。
四川省成都伊勢丹
四川省成都町並
四川省成都

交通網もしっかりしており、とても快適な都市です。
オートバイはほぼ全て電気式です。

今回も利用したのはユースホステル。
ルームメートは台湾人の女性 (滞在が長かったので勝手にマスターというあだ名で呼んでいました。)と日系3世のハワイ出身の彼は日本語を殆ど話すことが出来ません。

成都ユースホステル ビジネスバックパッカー

実はこの地でもう1人日系3世(彼はカリフォルニア)、のメンバーでよく行動をしていました。彼も又、日本語を話すことが出来ない。

同じ日本人なのに、母国語が通じない。なんだかとても不思議な気分です。
何よりも日系3世ですから祖先の日本人は戦争前には既にアメリカに渡っていたと言うことになります。
世界で活躍する日本人として旅をしていますが、日本人の海外進出は遙か昔から始まっていたと言うことを改めて感じさせます。

あの頃は、今の私たちとは逆の立場だったのでしょう。
より発展のしたフロンティアを求めて、旅立っていく。
今なら日本人がアジアに出れば恵まれた環境で生活が出来ますが、当時は出稼ぎにいく、そんな感じだったのかもしれません。

成都の地にて、そんな事を感じる体験でした。