ガッツリ肉食系男子と言われました。正直、心躍りました。

日本に帰ってからの某日。
私が情報交換などでとてもお世話になっている大切な有志7名で食事会をしてきました。
題して・・・・

「大原隊長一時帰国祝い」

ありがとうございます(><)
まず、隊長じゃないです笑 少し似た系で某地球探検隊の隊長とかぶっちゃうじゃないですか笑

連絡は取り合っていたものの、初めてお会いした「女性の海外キャリア・留学のCTS東京代表・滝川さん」と、「目黒のゴルファー税理士の中峰さん」も加わり楽しい時間を過ごさせていただきました。

幹事は、シンガポールP社の部長さんをご紹介いただいたメガネの貴公子、日本財宅の横手さん(笑。 
後は、お馴染みの阿部さん、トミーさん、サムスル渡邉さん(^^)
阿部さんにいたっては、タイ以来の再会でした笑 タイで会って、日本で会って・・・世界って狭いですね。

さて、旅の報告(?)も兼ねて楽しい時間を過ごしたわけですが、後日日記でなんとなんと、私・・・

ガッツリ肉食系男子

と書いていただけました!!!
昨今、草食系男子が増えてきたと叫ばれる中、私目、肉食の部類に入れていただけたようです!!
正直とても嬉しい。時代・メディアに逆行しますが私の中では、

肉食系 >> 草食系

です。ここまで旅をしてきた中で、経営者の中で草食系は見たことがありません。
むしろ、社員さんのほうが肉食じゃないかと思うぐらい、皆様ハングリー精神がおおせいです。

外を歩いているだけでも何が起こるかわからない、アジアですから動物的本能がそうさせるのかも知れませんね。
目が皆さん、キラキラ(ギラギラの間違いかも)していらっしゃいます。この点は、先日の日記「株式会社日本海外事業部」で書きましたが、日本に新しい風を吹く一つとしてとてもよいのではと感じるしだいです。

よき仲間達と共に成長していくことができるように、頑張っていこう!と改めて帯をギュッとしめました! ありがとうございました!!

最後にとってもいい言葉をいただいたので・・・

I am a part of all that I have met before. =私自身は、私が今までにお会いした人々の一部である
(アルフレッド・テニソンというイギリスの詩人より)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク