グリーンカードと日本国籍を置いた日系シンガポール人

西野社長のご好意で、ご紹介いただいたのがこの方。
dscn13462
ピラティスのインストラクターをされているATSUMIさん。

 「シンガポールに行ってからは、アメリカのグリーンカードと日本の国籍は外しちゃいました。今はシンガポール国籍なので、日系シンガポリアンですね。」
 そう話すのは、大学卒業後日本を飛び出してから、早36年。ピラティスのインストラクターとして活躍しているMURAKAMI ATSUMIさん。オランダ人だった(現シンガポール国籍)夫とアメリカに渡ってから、シンガポールにやってきた。子育て後エリート会計士として活躍していた彼女が、海を越え現職についたきっかけはなんだったのであろうか。
(現在書いている記事より先行抜粋)

「だってさ、やりたいことを辞めちゃったら心も身体もしぼんじゃうよね。だったらやりたいことやらないと。(笑)」

とっても素敵な笑顔と、失礼ながらお聞きしたお年には全く見えないその若々しさは、常にやりたい事を求めて動くその行動力に他ならなく見えます。
エリート監査法人を惜しげもなく辞めて、次の行動に移す姿は、目の前のご本人と話していると、なるほど!それを可能にさせる、「しぼませない心」をお持ちの方なんだなと。

以前も書きましたが、公に出てきていない方で凄い方って本当にたくさんいます。そういった方々からお話を聞けるチャンスはもの凄い財産ですよね。ATSUMIさんありがとうございました!!

 :

帰りの電車の直前、フワッって感じで昔の記憶が蘇ってきました。
それは、大阪時代にお世話になった通販会社の社長。私の両親よりも年配の女性ですが、彼女はたくさんの活躍されている方にお会いさせてくれました。
食事などにもつれてっていただき、「NORIさん、一流になるつもりだったら食事の一つも学びだよ」と色々教えていただいたことを思い出します。
当旅でも大阪の壮行会で応援していただいたりと、影ながらご支援いただきました。

シンガポールで西野さんにお会いして、フッと思い出したのは、少しお二人が似ていらっしゃるからかもしれません(^^)
先日どなたかと話していたときに、「あの人はシンガポールの母だよね」と。
くしくも、大阪の師も、親しい仲間達から「大阪の母(おかん)」とよばれています。

「シンガポールの母」と「大阪の母」。
遠くの地シンガポールから大阪を思い出しましたが、大阪に帰ると次はシンガポールを思い出すのではないかなと感じるしだいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク