旅の目的1

「旅の目的」は何だろう。

よく考ることがあります。
もちろん、行きたいと思い立ったのには訳があります。

それは、学生時代に東南アジアへ1ヶ月バックパッカーに行ったこと。
今から約5年ほど前に、初めてバックパッカーをして、これはいつか他の世界にも是非行きたいと思いました。
今までに見たこともない、幻想的な遺跡を初めとした、景色。
日本とは明らかに違う人々の対応。
これらは、自分にとても強く残り、そして影響を与えました。

そして、今まで自分が見てきた世界観はあまりにも小さかったと感てしまいました。
これは、もちろん日本の中だけでもたくさんのことがありますが、国を一つまたぐだけで、そこに住む人々の一般的な物事への捉え方がかわることは、まさにそこには異なる文化があるからだと認識しています。

多くの文化、そして人に近い将来必ず触れてみたいと・・・。
そして、願わくばそれは知見も広げるために30歳までには行きたいと。

思いは強ければ現実性を増すもので、今回見事行くチャンスを得ることができました。

この日記にもつづっていきますが、行きたい根幹はここにあります。

「数多くの文化に触れたいから」

そして、それらを通して知見を広めていきたいからということです。